女性は気付きづらい性器クラミジア感染症

悩んでいる女性

「クラミジア」は世界で感染者数が最も多い性感染症であり、日本国内においても100万人を超える感染者がいるといわれています。
特に女性の感染者が多く、感染者の割合では男性の2倍を超える割合を占めています。
クラミジアは「クラミジア・トラコマティス」と呼ばれる細菌に感染することで発症するため、治療ではこの細菌を死滅させることが必要になります。

女性が性器クラミジアに感染した場合、多くの場合その症状が出ることはありません。
男性では約50%、女性では約80%が無症状だといわれています。
特に女性は気付きづらいため、治療が遅れてしまう場合や、自覚なく感染を広げるなどの要因となっています。
女性に症状が出づらいのは最初に感染症状が現れる「子宮頚管部」に理由があり、この部位は痛みを感じる神経がほとんどなく、炎症などの症状が出てもほとんど気付かないためです。
このようなことから女性は特に注意が必要となる病気です。

性器クラミジアの大部分は「性行為」によって感染します。
性行為時における膣や口の粘膜同士の接触により感染が広がるのが一般的です。
クラミジアは非常に弱い菌であるため、普段の生活上で感染するようなことはまずありません。
一方で性行為による感染率はとても高く、たった一度の行為でも50%以上の確率で感染してしまいます。
また女性が妊婦の場合には、胎児が出産時に産道感染してしまう場合もあります。

感染後に症状が出る場合には、女性ではまず「子宮頚管炎」を発症します。
この場合、おりものの量が増える、性器から臭いがする、不正出血が起こるなどの症状が出ます。
炎症によって出た膿が混ざるためおりものの量が増え、またクラミジア菌の影響で性器の免疫力が低下し雑菌が増えるため性器の臭いが強くなってしまいます。

さらに感染が拡大した場合には、「卵管・卵巣・骨盤内腹膜」の炎症といった症状がでます。
炎症部分がただれたり損傷を起こすため、性交時に違和感を感じたり、下腹部に痛みを感じるようになります。
また炎症が卵管に癒着を生じさせ不妊症になることもあり、女性にとってはとても危険な症状といえます。
クラミジアは無症状でも感染している場合があるため、少しでも疑いがあると感じたならばまずは検査を受けてみることが大切です。

何度も飲まなくていいのが魅力「ジスロマック」

クラミジアの治療は主に抗生物質の服用によって行われます。
その第一選択薬となるのは「ジスロマック」と呼ばれる内服薬になります。
すでに炎症などが起きている場合には、その合併症に合わせた他の抗生物質が必要になることもありますが、基本的にはジスロマックの服用のみでの治療が行われます。

ジスロマックの有効成分「アジスロマイシン」は、病原体に対して服用後から約1週間ほど作用し続けます。
そのため1度服用すれば効果は持続するため、毎日服用するといった手間はありません。
軽い症状であれば、この一度の服用だけで治療自体は終了です。

ジスマロックは副作用が少ない薬といわれており、妊婦の方でも服用が可能となっています。
少ないながらも副作用はあり、最も頻繁に出るのは「下痢」で、その他にも「腹痛・嘔吐」などの症状が現れる場合もあります。
これら副作用の対処法として、整腸剤などを一緒に服用することで症状を軽減することが可能です。

薬の服用後はその効果が十分に出て、病原菌が死滅していることをしっかりと確認する必要があります。
そのため服用から3~4週間ほどの期間を空けたのち検査を受けることが必要です。
菌が死滅するのには最低3週間かかるため、期間を空けてから検査を行います。

服用後に検査を受けることは非常に大事です。
というのもクラミジア菌が体内に残っていたとしても多くは無症状であるため菌の死滅を自覚するのはほとんど不可能なこと、また菌が少しでも残っていた場合はふたたび増殖し再発する可能性が高いこと、などがその理由です。