女性の5人に1人が膣カンジダに!性交渉無しでも感染

色々なウィルス

カンジダは性病として知られていますが、実は性交渉無しでも感染するということは知られていません。
そもそも、カンジダというのはカンジダ菌という菌によって引き起こされる病気です。
カンジダ菌は誰もが持つ菌で、主に外陰部などに存在しています。
存在しているだけでは特に悪い症状を引き起こすことはありません。

しかし、疲れやストレスなどで抵抗力が落ちてしまうと、日頃抑えられている菌を抑えなれなくなってしまいます。
すると、カンジダ菌は増殖し、炎症を起こすことで外陰部のかゆみといった症状につながります。
女性の場合、膣などの性器が自分自身では見えにくいのですが、膣カンジダになるとおりものに変化があらわれるので比較的自分で発見しやすいです。

発症すると、おりものの量が増えるだけでなく、ヨーグルトやカッテージチーズのような状態になります。
女性の性器に強いかゆみを感じるだけでなく、場合によっては熱いような感覚や、痛みを覚えることもあるでしょう。

そのため、女性の5人に1人が膣カンジダにかかっている状態です。
20%の確率なので、とても高いことが分かります。
中には、治ったと思っても再発してしまうことも多い病気です。
もしおりものやかゆみから発症が疑われる場合は、病院に行けばすぐに検査をすることができます。
行く病院は婦人科や産婦人科になるので抵抗を感じる女性も多いですが、放置することで悪化してしまうこともあるのできちんと治療しましょう。

治療は、抗生物質などの薬を飲むことで行われます。
それほど難しい治療ではないので、気付いた時にはすぐに受診して早めに治すことが大切です。
性交渉の有無は関係なく、思春期の女の子でもかかってしまうことがあるので注意しましょう。
自分だけは大丈夫だと思っている人が多いのですが、そのようなことはありません。
女性なら誰でも発症する可能性がある病気だということを覚えておき、何かあったらすぐに病院へ行く習慣を付けましょう。

体調を崩すことで自己感染が多いカンジダ

カンジダ菌は誰でも持っているため、常在菌と呼ばれています。
この菌は通常であれば特に問題を起こすことはありません。
しかし、風邪をひくなどして体調を崩してしまうと、常在菌の方が免疫よりも強くなり、発症してしまいます。

そのため、カンジダにかかっている時は体調を崩していたり、抵抗力が落ちている時です。
仕事が忙しい等で、自分では気づかないうちに発症してしまうこともあります。
カンジダはきちんと治療を行えばすぐに治る病気なのですが、自己感染を繰り返す人が非常に多いです。

その理由は、疲れたままの状態を放置してしまったり、治ったことに安心していつもの生活に戻ってしまうことにあります。
カンジダは不衛生な環境を好みます。
何日もお風呂に入らなかったり、同じ下着のままですと繁殖しやすい環境になってしまうので注意しましょう。

また、通気性の悪い下着も良くありません。
コットンなどの天然素材のものを選ぶようにして、湿度のこもりやすい化学繊維の下着は避けるようにしましょう。
通気性の問題から、身体を締め付けすぎる下着やデニムも良くありません。
日頃は何もトラブルがなくても、体調が悪い時は衣服の問題からも発症のリスクが高まってしまいます。

女性なら誰でも膣カンジダになる可能性があります。
性病だから自分は感染しないという気持ちではなく、日頃の生活の中でかかるリスクのある身近な病気だと知っておきましょう。
そうすることで、もしカンジダになってしまった時にはすぐに病院へ行くなどの対策をとることができます。
自分が気づかないだけで、疲れを溜め込んでいたというようなこともあるでしょう。
生活を見直す良いきっかけにもなるので、医師の指示通りに薬を飲んだら生活習慣も改善しましょう。