唇にできたヘルペスはバルトレックスで治療

落ち込む男性

風邪を引いた時、疲れやストレスが溜まった時など体の抵抗力や免疫力が落ちた際に口の周りに痛みや痒みを伴う水ぶくれができるのが口唇ヘルペスという唇にできるヘルペスの特徴です。
主に単純ヘルペスウイルス1型に感染する事で発症します。
症状としてはまず患部がムズムズ、ヒリヒリするなどの違和感と共に痒みは熱を帯びるのを感じます。
こうした自覚症状が出てから数時間で患部が赤く腫れ、ウイルスが活発に増殖していき、1日から3日経つと赤く腫れた箇所は水ぶくれとなるのが一般的です。

また時にはあごの下のリンパ節が腫れる事も特徴の一つでもあります。
水ぶくれの中にはたくさんのウイルスが存在し、それが破れた際に出る液体に触れると感染する可能性があります。
その後、患部は徐々にかさぶたとなり一般的には2週間ほどで回復していきます。
一度ヘルペスにかかってしまうと症状が回復しても完治する事はなくウイルスは神経節に潜み、事あるごとに再発を繰り返します。
再発の頻度には個人差がありますが、年に一度から二度ほどの再発が多いとされています。

また感染力も高いので、特に最もウイルスの活動が活発な水ぶくれができている時期に患部への接触を行うと他人へ感染させてしまう可能性が高くなります。
最も感染しやすい行為としてキスが挙げられるため、愛のウイルスと呼ばれる事もありますが、他人へ感染させないに越した事はないので、恋人への感染や親から子供への感染には特に気をつけましょう。
唇という場所柄から、一度発症してしまうと目立ちますし、キスなどの接触に気を遣う、痛みやむず痒さでストレスが溜まる、女性であれば化粧もしづらいといった悩みも絶えない厄介な病気です。
初期の自覚症状の段階で治療を行えば悪化する事なく最小限の症状で病状を抑える事ができます。
その治療にはバラシクロビルという抗ウイルス薬の成分が含まれているバルトレックスが有効で、多くの医療機関でヘルペスの治療薬として用いられています。

唇はもちろん、どのヘルペスにも使えるバルトレックス

ヘルペスウイルスは世界に約160種類も存在すると言われていて、その中で人間に感染するものは8種類です。
その内口唇ヘルペスを引き起こす単純ヘルペス1型と性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペス2型、そして水疱瘡や帯状疱疹といった症状が現れる水痘・帯状疱疹ウイルスの三種類が一般的にヘルペスと認知されるものです。

バラシクロビルと主成分とするバルトレックスはウイルスのDNAの複製を阻害する事で増殖を抑えるため、ヘルペスに効果的な薬として活用されています。
主成分であるこのバラシクロビルの働きによって、ヘルペスウイルスの増殖が抑えられる事で、症状の悪化を防ぎ、その後の回復も早めます。
そのため早期で服用する事により、最小限の病状でなおかつ短期間の治療で済むでしょう。

さらにバルトレックスを毎日服用する事で、ヘルペスという病気においてもっとも厄介な特徴でもある再発を予防する効果も得られます。
これは常にウイルスの活動を抑制し続ける事によって、増殖を防ぎ再発するきっかけを奪う事によるものです。
特に頻繁に再発を繰り替えすヘルペスには有効な予防方法と言えるでしょう。

また、バルトレックスは少ない服用回数でも大きな効果を得られるので、比較的再発の頻度が低いヘルペスには体への極力負担をかけずに服用できる薬でもあります。
こうした事からバルトレックスは病状に合わせて服用の方法を使い分けながら、ヘルペスが要因の様々な病気で有効な働きをする薬だと言えます。
ただし、間違った服用方法をしてしまっては十分な効果が発揮されない場合もあるので、バルトレックスの飲み方についてきちんと把握しておきましょう。
一度ヘルペスを発症すると実に不快な症状がつきまとうものです。
医師の指示の下で正しい服用方法を守り、厄介なヘルペスの治療に役立てましょう。