こんなところにイボが…尖圭コンジローマと治療薬

尖圭コンジローマは、男性女性ともに性器周辺にイボのような良性腫瘍ができる性病のことを言います。
その原因はヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症します。
ウイルスの一種であるヒトパピローマウイルスそのものは100種類以上ありますが、その中も6型と11型のヒトパピローマウイルスに感染することによって発症します。
ヒトパピローマウイルスの型によっては悪性化する可能性もあるため十分な経過観察が必要となり、長期的な目線に立って治療を行うようにすることが大切です。
特に、尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスに型によっては、男性の場合には陰茎がんを、女性の場合には子宮頸がんを引き起こす可能性があります。
感染に気づいたらできるだけ早く治療を開始するようにしなければなりません。

尖圭コンジローマは男性、女性ともに自覚症状が少なく、イボのような腫瘍が代表的な症状となります。
痛みや痒みのような症状があらわれることもありますが、そのような症状は非常に稀です。
尖圭コンジローマは鶏冠状の特徴的なイボが性器周辺にできるので、視認すれば十分に感染を確認することができます。
好発部位は男性では陰茎の亀頭部分・冠状溝・包皮内外板・陰嚢です。
女性では膣・膣前・大小陰唇、子宮口などにあらわれます。
男性女性共通に発症する可能性がある場所としては、肛門及びその周辺、尿道口が挙げられます。

感染の原因となるヒトパピローマウイルスは皮膚や粘膜にできた小さな傷などから侵入します。
通常の性行為だけではなく、アナルセックスやオーラルセックスによっても感染する可能性があるため注意が必要です。
性器だけではなく、口腔内へ感染することもあります。
感染してから特徴的な症状であるイボが確認できるまで3週間から8ヶ月程度かかります。
そのため、感染していてもそれに気づかないこともあるため、知らず知らずのうちに性交渉を行った相手に感染させてしまっている可能性もあるため注意が必要です。

治療薬はジェネリックならイミキアドクリーム

尖圭コンジローマの治療のためには、ヒトパピローマウイルス(HPV)を身体から取り除く必要があります。
尖圭コンジローマの治療に用いられている代表的な治療薬はベセルナクリームとイミキアドクリームです。
イミキアドクリームはベセルナクリームのジェネリック医薬品であるため、ほとんど同等の効果を持つにも関わらず、安価に購入することができます。
特に、尖圭コンジローマの治療にあたっては長期的に治療を継続して行く必要があるため、治療薬の購入費用が負担とならないジェネリック医薬品であるイミキアドクリームにはその点の魅力があります。

どちらの治療薬も、イボに直接塗ることによってウイルスに対する免疫力を高めて、ウイルスが増殖することを防ぐ効果があります。
ウイルスの増殖を防ぐことによって、ウイルス感染細胞の障害を起こし、イボを消失させます。
ただし、原因となっているウイルスを完全に除去することは困難であるため、イボの症状が消えたとしてもしばらくはウイルスそのものを消失させるために治療を継続するようにすることが大切です。
勝手な判断で途中で治療を止めてしまうと尖圭コンジローマが再発する可能性があります。
尖圭コンジローマは再発しやすい性病であるため、根気強く治療を継続することが必要です。

ベセルナクリームにせよ、イミキアドクリームにせよ、クリームタイプの薬であるため、患部に塗布することによって使用します。
使用の際には、尿道や膣などは避けて塗布する必要があります。
副作用として痒み・痛み・表皮の剥離などの症状があらわれることがあります。
ただし、これは薬が効いている証でもあり、イボや角化した皮膚が消失していく過程でもあるので、ある程度はやむを得ないものです。
耐えられないほどの強い痛みや痒み、発赤などの症状があらわれた場合には、使用を中止し、専門の医師や薬剤師に相談することが大切です。